投稿日:

コーヒーをサイフォンで入れてみよう。

“コーヒーを毎日何杯も飲む人も多いのではないでしょうか。
スタバクスやドトールなどのコーヒーショップで飲んだり、
インスタントコーヒーや自販機の缶飲料を飲んだりと人それぞれだと思います。

でもコーヒー好きなら自分でコーヒー豆を挽いていれてみませんか?
めんどうくさいと思うかもしれませんが、
始めてみるとこのめんどうくささがいいんですね。

コーヒー豆は挽いた豆を買う方法もありますが、
自分で豆を買って手動のミルで挽いてみると、
とにかく香りが違うのです。コーヒーの命はあの香りですからね。

一杯のコーヒーを飲むのに豆を挽いた時点ですでに香りが充満して
嗅覚で一杯目を飲んだようなものですよ。

それからコーヒーをいれるのですが、最も多くの人が使っている方法は
ペーパーフィルターを使うメリタとかカリタとかのドロップコーヒーです。

その次は布フィルターのドロップコーヒーでしょうか。
共に上からお湯を落として漉す作り方です。これは実は失敗の少ない、
ばらつきの少ない方法です。

しかし、コーヒーをいれているぞ~と自覚できるのはサイフォンコーヒーです。
アルコールランプでフラスコを加熱してお湯を一旦上にあげてコーヒー豆を撹拌し
てころあいを見て火を外してコーヒーを下のフラスコへ落とす方法です。

これには多少技術が要りますが、そのコーヒーを入れる過程はいかにもコーヒー
をいれているという感じではまってしまいますね。
器具はアルコールランプと上部のじょうご状のガラスパーツと下のフラスコ、
それとフラスコを立てるスタンドとじょうごに付けるフィルターで一式ですね。

3人用でだいたい7000~8000円くらいです。
これに撹拌用の竹ベラを買えばOKです。
また、アルコールランプ用のアルコールは200円くらいで高くはありません。
さらにサイフォンでいれたコーヒーはマグカップの分厚い陶器ではなく、
薄いコーヒーカップでいただきたいものです。

薄いものと分厚いものでは口当たりが違いますし、
実際に味も変わりますので少し高くても薄いコーヒーカップで飲むようにしましょう。
さあ、皆さんも早速自分の好みのコーヒー豆を手動ミルでコリコリ挽
いてサイフォンとアルコールランプを使って自作のコーヒーを入
れて豊かなコーヒータイムを過ごしませんか。