投稿日:

フレンチプレスで淹れるコーヒー

“コーヒーを淹れる機器には様々なタイプがあり、初めて自宅用を買う人は迷うところです。
味や好みで機器を選ぶのが一番いいと思いますが、自分に合ったものがどれなのか、
味の違いも使ってみて始めてわかることで、淹れ方によっても味は変わってしまいます。
そこで、ビギナーさん向けといわれているフレンチプレスを少しご紹介します。

フレンチプレスの最大のメリットは、まず誰でも簡単に美味しいコーヒーが淹れられるということ。
1人分のサイズから大きさによって淹れる容量も選べます。
カフェプレス、プランジャーポットとも呼ばれています。
コーヒーを飲めるまでの所要時間は約5分。

用意するものは豆を計るメジャースプーンと、コーヒーとお湯。
あとはフレンチプレスの機器さえあれば今後買い足す用具もありません。
淹れたコーヒーの特徴は、豆の油分などがペーパードリップだとしっかりとこされて残りませんが、
フレンチプレスだと網のフィルターなのでコーヒー豆本来の味が残ることです。

フレンチプレスでのコーヒーの淹れ方ですが、難しいことは何もありません。
まずお湯を注いで機器をあたためます。そのお湯を捨て、次にコーヒーを入れますが、
ここで注意点が一つ。コーヒー豆は中細挽きから粗挽きのものを使います。

フィルターの目が粗いため、細かく挽いた豆は使えません。
人数分に合ったコーヒーの粉を入れ、お湯を注ぎ、蓋をします。この蓋をするというのは、
本当に蓋を乗せるだけでプレスを下げません。

そのまま4分待ちます。何もせず、
ただ4分待ってからプレスをゆっくり下げてコーヒーを沈めます。
できあがりです。
ざっくり説明するとコーヒーとお湯を注ぐだけで、できあがります。
他に気にする点は、お湯は沸騰後すぐ使わずに90度前後がベストだということ。

これはペーパードリップで淹れる場合も一緒です。
あとは最後の一滴まで全部カップに注ぐと沈めた粉まで入ってしまいますので、
口当たりが少々粉っぽくなります。それがフレンチプレスの良さでもありますので、
色々試してみるのもいいと思います。

自分に合った飲み方を探すのもコーヒーを淹れる楽しみの一つ。
コーヒーを淹れる機器を見ためで選ぶのも重要だと思いますので、
自分好みの機器でホームカフェ気分を味わいましょう。