投稿日:

コーヒーのドリッパーについて

コーヒーのペーパードリップと一言でいえども、
豆用のメジャースプーンや、コーヒーフィルター、ドリッパーなどは、
それらを発売しているメーカーごとにそれぞれ様々な特徴を持っています。

ドリッパーについて少々紹介をさせていただこうと思います。

まずはメリタ。ドイツのメリタ・ベンツさんという方が考案した
ペーパードリップ方式の道具メーカーです。
メリタのドリッパーの特徴は、コーヒーが抽出されたあと、
ポットやカップに落ちていくための穴が1つしか開いていないという事です。

そしてカリタ。こちらは日本のメーカーで、業務用コーヒー用具として有名です。
こちらのドリッパーの特徴は、メリタのものと比較すると、穴が3つも開いていることです。

メリタとカリタの違いは穴の数にあります。これでどういうところが変わってくるのかというと、
お湯を注ぐ回数、コーヒーの粉がお湯に触れている時間などです。

メリタ式は穴が3つでお湯がゆっくり落ちていくので、
注いだお湯がコーヒーの粉に触れている時間が長く、
必然的にお湯を注ぐ回数が少なくなります。

一度に全部のお湯を注いでしまって、あとは抽出が終わるまでゆっくり、
なんてことが可能になるわけです。
また、お湯の流れかたが毎回ほぼ同じなので、
ある程度決まった時間で抽出が完了します。

カリタ式は穴が3つなので、
お湯の落ちていくスピードはメリタ式に比べるとやはり早くなります。

コーヒーの粉とお湯が触れている時間も短くなるので、
お湯を一回注ぐごとに抽出できるコーヒー成分はそれなりに少なくなります。

なので、お湯は数回に分けて注ぐことになります。
目安は3回ほどです。

また、注ぎ始めから注ぎ終わりまでの時間も気にしましょう。
あまりのんびりしていると、豆からえぐ味も抽出されてしまいます。
しかしながら、コーヒーの抽出がうまくいった場合、
こちらの方法のほうがよりスッキリとした味わいになるとも言われています。
抽出する人の腕前の見せ所と言えるでしょう。

メリタとカリタ、あなたはどちらの抽出方法がお好みでしょうか?
気分によって変えてみるのも楽しいかもしれませんね。