投稿日:

美味しいコーヒーの淹れ方☆ハンドドリップ編

みなさんはコーヒーが好きですか?

私は大好きです!
今朝もコーヒーを飲みました(*^^*)
コーヒーを飲むと、「今日も一日頑張るぞ!」と身も心もシャキッとしますよね。

仕事や勉強などで疲れた時に飲むコーヒーも格別です♪
コーヒーには癒し効果もありますよね。

さて、そんな私達の生活に欠かせないコーヒーですが、コーヒーをより美味しく、堪能するためのコツをご紹介します。

今回は「ハンドドリップで淹れるコーヒー」について。
ハンドドリップは気軽に利用できるので、自宅や職場に備えている方も多いでしょう。

では早速、順番にご説明します。
長くなりますが、最後までついてきて下さいねっ!

★コーヒーを淹れるサーバーを準備します。
お湯を入れてサーバーを温めておきましょう。
ついでにマグカップも温めておくと尚良いでしょう。

★ペーパーフィルターを準備します。
そのままドリッパーに装着しがちですが、それはNGです。

ペーパーフィルターは下と横がくっついているので、それぞれを互い違いになるように折ります。
ドリッパーとペーパーフィルターとの間に出来るだけ隙間が空かないようにするための工夫ですね。

★ドリッパーにコーヒーの粉を入れます。
基本的にはコーヒー一杯150㏄~200㏄に対して、計量スプーン1杯10gを目安にします。

粉を入れたら、トントントンッとドリッパーの側面を軽く叩き、粉を平らにします。
粉を平らにすることで、お湯を均等に注ぐことができます。
こうしたひと手間が、美味しいコーヒーを淹れるコツです。

★お湯を準備します。
100度に近いような熱湯は使わない方が良いです。
お湯が高温であればあるほど、コーヒーの味はよく抽出されますが、それと同時に「苦味」や「渋味」「えぐみ」といった嫌な味も抽出されてしまいます。

ほどよく美味しい味を抽出し、ほどよく嫌な味を抑えるためには、90度前後に温まったお湯を注ぐと良いでしょう。

★お湯を細口のポットに移し替えます。

★さて、いよいよ「お湯を注ぐ」「蒸す」作業です。
最初に粉全体にお湯が行き渡るよう、満遍なく注ぎます。
粉の中心から螺旋を描くように、中心から外側へ向かって少しずつお湯を注ぎます。
ポタポタッとコーヒーが少し垂れる程度のお湯の量で大丈夫です。

この状態で、30秒~1分くらいを目安に蒸します。
粉がお湯でふやけ、コーヒーの味が抽出しやすい状態になります。
美味しいコーヒーを抽出するためのウォーミングアップのようなものですね。

しばらくしてから、お湯を追加で注ぎます。
今度は粉の中心をメインにお湯を注ぎます。
「お湯を注ぐ→数秒待つ→お湯が粉に浸透する前にお湯を注ぐ→数秒待つ」
この作業を繰り返します。

しばらくすると粉がふくふくと膨らんでくるので、中心から少しずつ広げるように、螺旋を描くようにお湯を注ぎます。

この時に、ドリッパーの淵に付いた粉には、お湯を掛けなように注意して下さい。
粉が土手になるようにイメージしてお湯を注ぎます。

★お湯を注ぐのを止めるタイミングについて。
お湯が粉にすべて浸透しないうちに止めます。

粉の表面に泡ができていますが、この泡にはコーヒーの「苦味」や「渋味」「えぐみ」が抽出されています。
泡が下(サーバー)に流れないうちに、お湯を注ぐのをやめます。

★最後に、サーバー(抽出したコーヒー)を左右に振ってグルグルグルっとかき混ぜて、マグカップに注ぎます。

いかがでしょか?
「結構、面倒臭そうだなぁ」だと思いましたか?
それとも、「これなら試せそう!」と挑戦したくなりましたか?

家族や友達、恋人など、あなたの大切な人にコーヒーを淹れてあげて下さい。
勿論、あなた自身のためにも、美味しいコーヒーを淹れて堪能して下さいね。

あなたの日常生活がより豊かになりますよ。
それでは、素敵なコーヒータイムをお過ごし下さい☆彡