投稿日:

コーヒー豆の種類と挽き方

コーヒーの木はアカネ科の食物で赤い実をつけますす。
これをチェリービーンズといいこれを割ると中に生豆(グリーンビーンズ)がはいっています。
生豆はフラットビーンズと丸豆(ピーベリー)にわけられ、
木の枝の先にになる実ほど小さく一粒しかなりません。

こちらを丸豆と呼び一方のフラットビーンズとは実が二つ入っているものです。
通常丸豆は、売っているものの中に一粒二粒入っています。丸豆がよいのか、
フラットビーンズがよいのか。これは豆が肉厚で重量感があればどちらも良い豆といえます。

生豆は産地によって色や形が違ってきます。しかしこれらは焙煎すればおいしいコーヒーになります。
焙煎により生豆に熱を加えて、豆に風味や味が作られます。

焙煎の浅さでコーヒーの味は変わります。
浅いものを浅煎りコーヒーといい、3つあります。

浅いほうから順にライトロースト・シナモンロースト・ミディアムロースト呼びます。
シナモンローストは酸味が強い味です。
これよりもう少し熱を加えたミディアムローストは柔らかい味になります。

浅煎りコーヒーより熱したものを中煎りコーヒーといいます。
これは通常ブレンドコーヒーといわれるものでこれも3つあります。

熱の弱いものから順にハイトースト・シティロースト・フルシティローストと呼ばれます。
中煎りコーヒーは酸味、苦みともにバランスのとれた味で日本人好みとされています。

次に焙煎の強いものを順にフレンチロースト・イタリアンローストといいます。
ここまで来ると豆はより一層茶色くなり、つややかな見た目になります。

また脂肪もたくさん出ます。香りも強いということで、
これらはエクスプレッソコーヒーまたはストロングコーヒーとよばれます。

最後に一番強い焙煎のものをアイスコーヒーといいます。
冷たく冷やして飲むには焙煎の強いものが向いています。

これまで紹介した豆は説明通り、用途に合わせて飲むことをお勧めします。
焙煎の次に粉砕(グラインド)について説明します。

大きな豆のままでは豆の味が出ませんので、細かく砕きます。
その時にミルという器具を使用し粉にします。
ミルのふたを開けメモリに適正な量の豆を入れ、豆の粗さを設定し、
スイッチを入れます。

ガチャガチャという音が消えたら豆が砕けた合図です。
ミルから粉を取り出します。
容器に移し替えるとき注意が必要です。
それは、垂直に容器に入れるということです。

でないと渋皮も一緒に入ってしまうので気をつけましょう。
豆の粗さによって名前や用途も違ってきます。

まず、極細挽き。これは濃いコーヒーに適しており、
エクスプレッソやアイスコーヒー向きです。

次に細挽き。
こちらはブレンドコーヒーやホットコーヒーなどドリップ式でたてたものに向いています。
その次に中挽き。こちらはサイホンなどでたてるときに向いています。

最後に粗挽き。これがいちばん粗い粉の状態です。
高温で抽出するようなボイル式やメリオール式向きになります。
粉が粗いとお湯がすっと抜けてしまい、薄味になってしまいます

。しかしコーヒー本来のうまみは楽しめます。
贅沢ですが、粗挽きのコーヒー豆をたっぷり使ってたてたコーヒーはお勧めです。