投稿日:

美味しい珈琲の入れ方。(カリタ式)

お湯の温度についてですが、ここから驚きました。適温は約90度のようです。
その適温にする際に行うのが、まずポットからサーバーに全てのお湯を注いで、
またポットに戻すようです。こうすることで湯温が約90度になるそうです。
これなら温度計を使うこともなくていいですね。

珈琲使用料の目安は1杯分が10から12グラム、2杯分が20グラム前後だそうです。
このとき2杯分の場合はメリタ式のメジャースプーンで2杯半、カリタ式で2杯のようです。
どうやらカリタ式は1杯分が10グラムなのに対して、
メリタ式は1杯分が8グラムとメーカーによって分量に違いがあるようです。

お湯の注ぎ方について。まず1投目は粉全体にお湯が行き渡る程度の量注ぎます。
それから約30秒蒸らします。蒸らしている間に粉の形がまるで饅頭のように膨らんでいました

。30秒経ったら、2投目です。2投目では、「のの字」を描くように外側に向かって
渦巻き状にお湯を注いでいき、また中心に注いでいました。
このとき、粉の形を崩さないように細くお湯を注ぐことがポイントです。
私は知らなかったので、しっかりと覚えておきたいです。

ここまででもうすでに珈琲の成分はほとんど抽出されているようです。
ここからは抽出量と濃さを調整するようです。
これらを調整するのにもテクニックがあるようで、
濃い目がよければ細いお湯でゆっくりと抽出、あっさりがよければ湯量を増やして早めに淹れるそうです。
ただ単純にお湯を増やすだけではないんですね。

適量に達しても油断してはいけません。全てのお湯が落ちきる前にドリッパーを取り上げなければなりません。
最後まで落としてしまうと雑味やエグミ成分が出てしまいます。
私なんて忘れて最後までおとしてしまいそうです。しっかりと注意しなければ。

今回はカリタ式での珈琲の入れ方でした。カリタ式とは違うメーカーの製品
で入れる場合もこのやり方と同じでいいのでしょうか?
カリタ式のドリッパーは扇形の三つ穴なのに対してメリタ式は扇形の一つ穴でした。
それぞれのドリッパーの形にあった珈琲の入れ方があるような気がします。
珈琲をこのような形で入れたことは私にはありません。知ってもいませんでした。
だから、珈琲の入れ方を知って驚いています。
美味しく入れるにはいろいろと注意することがあるようです。