投稿日:

コーヒー豆10選!!

種類がとても豊富なコーヒー豆、選ぶのも迷ってしまいます。
産地で異なる香りやコク、選ぶ時の参考になるように
中でも有名なコーヒー豆10選をご紹介したいと思います。

①モカ。世界でも最も古いコーヒーブランドです。
イエメンの港町から世界へ輸出されていました。
強い酸味と果実のような香りが特徴です。

②エメラルドマウンテン。産地はアンデス山脈です。
機械類のアクセスが難しい地域なため、
栽培から収穫まで全て手作業で行われています。
甘い香りとコクに酸味と甘みがとてもよく調和しています。

③キリマンジャロ。産地はキリマンジャロ山脈です。
深い酸味とコクが特徴です。

④グァテマラ。産地はメキシコのホンジュラスです。
果実香の香りがとても強い品種です。

⑤ケニア。産地はケニアです。
ベリー系の香りがとても強く、コクもとても強い品種です。

⑥コナ。産地はハワイです。
香り豊かですっきりとした味わいの品種です。

⑦ジャワ。産地はインドネシアです。アラビア種という種類の豆です。
東インド時代オランダより苗木が持ち込まれました。

⑧トラジャ。産地はインドネシアでこれもアラビア種という種類の豆です。
ソフトな苦味とコクの深い味が特徴です。

⑨ブルーマウンテン。産地はカリブ海に浮かぶジャマイカの
ブルーマウンテンという山。希少価値の高い品種で酸味、
コク、甘味のバランスがとてもよい品種です。

⑩マンデリン。産地はインドネシアのスマトラ島。
酸味は控えめで深いコクとほろ苦さのバランスがとてもよい品種です。

コーヒー豆の選び方ですが、よく膨らんでいる豆のほうが
コーヒーオイルが多く含まれていて、
膨らんだ中に香りやコーヒー成分が多く含まれているので、
深入りのほうが成分は多く含まれているようです。

豆は入れるそのつど、ミルで挽くほうが香りも味もいいそうです。
さらに、コーヒーフィールターで入れるよりも、フレンチプレスで入れるほうが、
コーヒーオイルが沢山含まれるので美味しいコーヒーになりようです。