投稿日:

こだわりの一杯は知識から

毎日のコーヒーブレイクをこだわりの一杯で楽しんでいる人が
この日本にはいったいどのくらいいるでしょうか。
普段インスタントコーヒーばかりを飲んでいる人にとって、
豆から挽いてコーヒーを入れるという行為は無駄な手間だと
感じることが多いと考えられます。

しかし、粉末をお湯で溶かして飲むだけというインスタントコーヒーでは
本来のコーヒーの味わいや楽しみを理解することはできません。
コーヒー一杯を楽しむためにこだわりや好みによって豆の種類や挽き方、
抽出方法を選ぶなどコーヒーファンは手間を惜しみません。

抽出方法ひとつとってもペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレス、
サイフォン、エスプレッソなどたくさんあり、難しいと思われがちですが、
一般的で手軽なペーパードリップからでも
本格的なコーヒーを楽しむことは十分に可能です。

たとえば、ザラメ程度の大きさの粗引きの粉を使い、
ゆっくりとお湯を注ぎながら、たっぷりと時間をかけて淹れるだけでも
十分にコーヒー本来の香りを楽しむことができるでしょう。

さらに、工夫を加えたい人はコーヒーを挽くときには茶ごしで細かい粉
を取り除いたり、お湯は最初の数mlは蒸らすだけにして後は
何度かに分けて淹れたり、コップに移す前に回すように攪拌して
みたりとその方法は人によって様々ですがどれも理にかなっ
ていておいしくコーヒーを呑むためには各人にとって必要不
可欠なプロセスとなっている場合もあります。

とにかく、コーヒーには無限の楽しみ方があり、
地域や人によって工夫の仕方もバラバラですがインスタントコーヒーの
味に満足してしまっている人も、少しコーヒーについての知識を深めると、
もっともっと美味しいコーヒーが飲みたい、
美味しくコーヒーを淹れてみたいという気持ちが高まってくるかと思います。

たまに足を運ぶ喫茶店で飲むコーヒーが毎日家で楽しめるようになれば朝の
コーヒータイムももっと充実したものになることは間違いないでしょう。

自分だけのこだわりの一杯を淹れるためにまずは知識を深めることから
始めてみるのも悪くないのかもしれません。