投稿日:

フレンチプレスで効率良く美味しいコーヒーを。

私が好きな言葉は効率的と機能的です。
ある時、好きな言葉を聞かれてそう答えたら、分かる~、
○○(私の名前)らしいと言われました。
だから、かなりそのような雰囲気を漂わせているようです。

そんな私が好きな飲み物はブラックコーヒーです。
ゆったりと香りを味わって飲むというより、
いつもそばにコーヒーを置いて、
がぶがぶ飲みたいタイプです。

缶ジュースやペットボトルのコーヒーはそういう
タイプの私には便利なもので、ずっと飲んでいました。

でも、何か違うと感じていました。コップで飲まないからかなと思い、
コップに入れ替えてみたりもしたのですが、それも何か違います。

理由を深く考えるのも無意味なことに思われて、
まぁ、いいかでずっときたのですが、ある時、気が付きました。
コーヒーを飲んでいるよという香りが足りないかったんです。

がぶがぶ飲むくせに、香りだなんて、
我ながら笑っちゃうと思ったのですが、
週末の時間のある時に、豆をひいて、
時間をかけてコーヒーを入れて飲んでみたら、
これだ、これが私の飲みたいコーヒーなんだと思いました。

とはいえ、平日の忙しい時に、そんな悠長なことしていられません。
どうしたものかと思っていたら、フレンチプレスを使ったら、
机の片隅で、かつ片手間で用意することができ、
香りを楽しみつつ、美味しいコーヒーが飲めることを知りました。

これを知ってしまったら、もう後には戻れない感じです。
もちろんフレンチプレスをお湯で温めて、
コーヒーをお湯をセットするところまでは台所でしています。

でも、その後は机の上です。作る時間にかかるのは、合計4、5分です。
コーヒーの豊かな香りと一緒に、何かしていると
頭がリフレッシュできて、良いアイデアが思いつきます。

ちなみに、私はこのフレンチプレスは紅茶を飲むためのものと
ばかり思っていました。どうもコーヒーの方が本業だったようです。

道具をどう使うかなんて、使う人が自由に決めれば良いことなのですが、
知らないというのも恥ずかしいもんだなと思いました。