投稿日:

ペーパーフィルターの美味しいコーヒーの入れ方。

ペーパーフィルターを使用した美味しいコーヒーの入れ方をご紹介します。
カフェで購入したコーヒー豆、家で入れてもなかなか同じように
美味しく入れられないですよね。あの薫り高くて、
雑味のない品のいいコーヒーを家でも簡単に入れることが出来ます。

ちょっとしたコツで家で飲むコーヒーが
驚くほど美味しいコーヒーに変身してしまうのです。

では、入れて行きましょう。まず用意するものですが、
ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバー、カップ、
ポットのお湯です。

まず、ペーパーをドリッパーにセティングし、豆を
2人分20グラム粉面を平らになるようにフィルターにセットします。
そして、お湯をポットから一度サーバーに移し変えて90度くらいまで
温度を落とすことが重要です。

そしたらコーヒーを落として行きますが、まず豆を蒸らすので、
粉面全体にお湯を行き渡らせて、15秒くらい蒸らします。

1度盛り上がってふらっとなります。
注意する店は端っこにはお湯を垂らさないことです。
豆が蒸れたらコーヒーを摘出して行きたいと思います。
お湯を「のの字」を描くように内側から外側へと垂らして行き、
また内側へ戻って1セットです。

2セット目は1セット目のお湯がなくならないうちに注ぎ始めましょう。
注意する点は、コーヒーの落ちるスピードとサーバーの
注ぐお湯のスピードを同じにすることです。

お湯を細く垂らして行きますが、
難しい場合は数的ずつ分けて入れても問題ありません。
2セットでだいたいのコーヒーの成分は摘出されてしまうので、
3セット目以降はコーヒーの濃さの調節になりますので、
お好みになります。

1人分150mlを目安として入れています。
最後に温めておいたカップにコーヒーを移し変えて完成になります。
今までとは少し違う美味しいコーヒーが入っているはずです。

時間のゆとりのある時、手間暇かけて丁寧に入れたコーヒーはとても
贅沢で美味しいものです。少しコツを押さえていれば家で入れる
コーヒーがカフェで頂くコーヒーと同じくらい美味しく様変わりします。