投稿日:

意外に知られてないコーヒーの歴史

世界中から愛されている飲み物の一つとしてコーヒーがありますよね!
朝、お父さんが飲んでいるコーヒー、スターバックスなど世界進出を果たしたカフェのコーヒー、
さらに自動販売機にある同じみのコーヒー。探せば簡単に見つけられるコーヒー。

しかし、その歴史について知っている人は数少ないはずです。
今回はコーヒーの歴史を明らかにしていきたいと思います。

・コーヒーの歴史は13世紀から
エチオピアから発祥した説が強く、元々のコーヒーというのは「秘薬」として宗教的な
意味で用いられていました。従来のコーヒーとは葉っぱや豆をそのまま煮て、それで
できたスープのことをコーヒーと指します。やがて焙煎の技術が生まれ、コーヒーが
生まれて一般市民に徐々に広まっていきました。最初は中東・イスラム世界から
広がりエジプトに広がりました。驚きなのが、ヨーロッパにコーヒーが広まったのは
16世紀、さらに公式に飲用を認められたのは17世紀と結構遅いんです。
さらにさらに、日本にコーヒーが伝わったのは18世紀末、当時貿易をしていたオラン
ダから伝わりました。すごく遅れていますね…

・コーヒーの抽出方法の歴史
今はインスタントコーヒー、缶コーヒー、家庭用コーヒー製造機なんてあるほどコーヒ
ーが身近で簡単なモノになりましたね。

では最初のコーヒーの作り方はどうだったのでしょうか。それについてちょっとお話しします。
最初のコーヒーの作り方は挽いたコーヒー豆を煮てその上澄みを抽出するという
「トルココーヒー式」と呼ばれる作り方でした。それからできた液体を布で濾す方法
が18世紀フランスで開発され、現在の「布ドリップ」の原型となりました。
そしてコーヒーのポッドが19世紀に開発され、エスプレッソマシンやペーパードリップなどの
現在に近いコーヒーの作り方が西洋を中心に開発されていきました。

コーヒー1つをとっても、まだまだ知らないような事実はたくさんあります。
その深みはコーヒーの深みと変わらない深さがそこにあるでしょう。